Top > 雑記 > 住宅ローン減税の注意点

住宅ローン減税の注意点

住宅ローン減税といえば、住宅を購入したことがある方、これから購入しようと考えている方なら一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

平成21年4月からスタートした住宅ローン減税は過去最大規模の住宅ローン減税となっています。

これから新しく家を買いたいという人には、ちょうどいいのではないでしょうか。

とはいえ、住宅ローン減税は誰でも使えるというものではなく、認められない場合もあるので要注意です。

財務省が公示している概要によると、住宅ローン減税には一般のほかに認定長期優良住宅の特例、バリアフリー改修促進税制、省エネ改修促進税制の4種類のタイプがあるようです。

住宅ローンの一般タイプでは、新築か新築住宅の購入で、床面積が50?以上なければなりません。

50?以上の築後20年以内(耐火建築物なら25年以内)の住宅の購入、床面積50?以上の増改築も対象となっています。

認定長期優良住宅の特例の場合は、一般タイプとは異なり増改築は含まれません。

住宅ローン減税を使える条件は、認定長期優良中多であり、50?以上の床面積があることです。

バリアフリー改修促進税制は、床面積50?以上のバリアフリー改修工事を含む増改築が住宅ローン減税の条件です。

省エネ改修工事を含む増改築が床面積50?以上になる時には、減税として省エネ改修促進税制を使用可能になります。

住宅の購入や増改築を行う時には、住宅ローンが使えるかどうかをきちんと確認して、税金対策をしておきたいものです。

出会いがない方に非常におすすめです。
http://deaiganai.info/

雑記

関連エントリー
正社員の求人情報の閲覧方法住宅ローン減税の注意点クレジット型電子マネーのメリットはあるのでしょうか?アパートローンってどんな感じなの?関西ブライダル高岡早紀-再婚:続くかな・・・。サプリメントを正しく使うグラフによる記録が効果的ダイエットダイアリー脂肪燃焼スープインターネットを使った求人クレジットカード決済の検討今年はアッキーナが26時間三輪車か!?イ・ビョンホンが主演するイベントで大混乱マネキンの痩せすぎの危険性結婚は性格が合うのが一番ですよね